日本味噌紀行 おいしい味噌まとめ

日本の伝統的な発酵食品「味噌」。全国各地でさまざまな味噌が存在し、作り方や原材料によってその地域の味は変わってきます。わたしが実際に食べておいしかった全国の味噌を、随時更新していきます!

1.さと家「熟成麦みそ」(沖縄・石垣島)

さと家「熟成麦みそ」(沖縄・石垣島)
さと家「熟成麦みそ」(沖縄・石垣島)

沖縄・石垣島のファーマーズマーケットやえやま「ゆらてぃく市場」で購入したさと家「熟成麦みそ」。「祖母から母へ、母から私へ」と、石垣島の家庭で代々続いている味なんだろうな〜と思い購入しました。麹が生きている感がすごくて、家ですこし保存してたら袋を破ってきました。笑

さと家「熟成麦みそ」(沖縄・石垣島)
遺伝子組み換えでない国産大豆ををしようした麦みそ

石垣島ならではの原材料が面白く、塩は石垣の塩、そして泡盛入り。泡盛がほどよく香り、コクを生み出している中辛の麦みそです。みそ汁にすると丸い粒がそのまま残るほどのつぶつぶ感!遺伝子組み換えでない国産大豆を使っている点もお気に入りポイントです。

・さと家「熟成麦みそ」
原料:大豆(国産、遺伝子組み換えでない)、小麦、食塩(石垣の塩)、泡盛、こうじ菌
食塩相当量:8.2g
つぶつぶ感:あり

2.永井屋麹店 会津 山吹みそ(福島)

永井屋麹店 会津 山吹みそ(福島)
永井屋麹店 会津 山吹みそ(福島)

福島県を中心にしたスーパー「ヨークベニマル花春店」で購入した永井屋麹店 会津 山吹みそ。会津産のお米、国産大豆をしようした「米みそ」で、原材料は大豆・米・塩のみ!

永井屋麹店 会津 山吹みそ(福島)
材料は大豆・米・塩だけ

大豆の甘み・風味を感じるおいしいお味噌。つぶつぶ感があって、野菜スティックにつけてそのまま食べるのがめちゃくちゃおいしかったです!十五割麹、辛口。

・永井屋麹店 会津 山吹みそ
原料:大豆・米・天日塩
食塩相当量:12.4g
つぶつぶ感:あり

3.露心庵 地味噌(山梨)

露心庵 地味噌(山梨)
露心庵 地味噌(山梨)

山梨県笛吹市「里の駅いちのみや」で購入した露心庵 地味噌。長野県の千日みそが製造している米みそで、ほかの道の駅でも販売しているのを見かけました。

露心庵 地味噌(山梨)
長野県の「千日みそ」が製造

さらさらでつぶつぶ感なしの優しい味わい。どこか懐かしい親しみのある味で、毎日味噌汁で飲んでも飽きのこない味でした。

・露心庵 地味噌
原料:大豆、米、食塩/酒精
食塩相当量:10.4g
つぶつぶ感:なし

4.森文醸造 おふくみそ(愛媛)

森文醸造 おふくみそ(愛媛)
森文醸造 おふくみそ(愛媛)

愛媛県・道後温泉の「四国物産館 民芸の店 十五万石」で購入した森文醸造 おふくみそ。愛媛県は甘めの麦みそが有名で、森文醸造は1893年創業の愛媛県喜多郡内子町でみそを作り続けている老舗。みそ以外にも酢卵、酢、醤油を作っています。

森文醸造 おふくみそ(愛媛)
水飴入り

愛媛=甘口の麦味噌ですが、森文醸造 おふくみそは水飴入りでさらに甘さアップ!鯖の味噌煮など砂糖を入れる料理は、砂糖なしでもおいしいくなります。味噌野菜炒めなら、ほかの調味料なしでおいしいです。麦のつぶつぶ感も良き。減塩にこだわっているため、発酵をおさえるために酒精、酸味料(天然物由来のフィチン酸)を配合。

・森文醸造 おふくみそ
原料:裸麦(国産)、大麦、大豆、食塩、水飴、酵母エキス/酒精、酸味料
食塩相当量:8.6g
つぶつぶ感:なし
HP:https://www.mori-bun.com/miso

わたしの味噌の選び方

味噌って1つのお店に何個も売っていて、どれを買うか迷いますよね。旅ライターのわたし的味噌の選び方はこちら。

1.地域性のある味噌

その土地らしい製法、その土地らしい原材料を使っている味噌が、一番「買おう」と思います。その土地で栽培された米を使っていたり、特産品が使われていたり!

2.材料はシンプルに

原材料表示を見て、添加物が入っていないシンプルな味噌をなるべく選びたいと思っています。「国産大豆」「遺伝子組み換えでない」「◯◯産の米」など、具体的に書かれていれば書かれているほど、安心して買えます。

3.迷ったら買う

味噌は賞味期限が長いので、旅行のお土産としておすすめです。迷ったら買うので、冷蔵庫にはいつも味噌ストックが…。

これからもおいしい味噌と出会ったら更新していきます!味噌情報、メールやSNSでもお待ちしています。